2016年09月01日

2016参議院議員選挙公開討論会

2016年6月20日(月曜日)
岩出市ホテルいとうにて
2016参議院和歌山選挙区公開討論会を開催いたしました
ご来場いただいた皆様ありがとうございます



今回は10代が投票する選挙ということもあり
企画は、粉河高の卒業生らでつくる「わかやま夢スクール実行委員会」(東詩歩委員長)
と一緒に作り上げた公開討論会でした。



企画段階から大変注目され

朝日新聞
和歌山)粉河高OBら、参院選公開討論会を企画
http://www.asahi.com/articles/ASJ66329XJ66PXLB001.html?iref=twitter

和歌山放送ニュース
参院選立候補予定者公開討論会、6月20日岩出市で
http://wbs.co.jp/news/2016/06/10/82430.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

紀伊民報
高校生が考えた質問で公開討論 参院選出馬予定者
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=315999&p=more

開催後も

わかやま新報
参院選の公開討論会 3氏が議論白熱
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2016/06/20160621_61294.html


産経新聞
「政治は遠いものではない」 公開討論会に和歌山の高校生
http://www.sankei.com/west/news/160622/wst1606220013-n1.html


紀伊民報
高校生ら真剣なまなざし 参院選公開討論会
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=316501&p=more


日高新報
参院選立候補予定者3人が公開討論
http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2016/06/post-5730.html


毎日新聞
大学生ら20日に公開討論会 若者と政治身近に /和歌山
http://mainichi.jp/articles/20160617/ddl/k30/010/479000c


産経新聞
参院選の公開討論にひと工夫 「18歳」意識し、ソフトな口調で政策アピールする候補者 合区では中継も
http://www.sankei.com/west/news/160621/wst1606210046-n1.html


などなどメディアにもたくさん取り上げられました。

同時に和歌山ではSNSのツイッター上で
和歌山リア10プロジェクト@ria10wakayama
と言うアカウントが出来、ハッシュタグ(#和歌山の10代投票率を日本一にしよう)を付けて投稿するという動きが起きました
http://ria10wakayama.org/




このプロジェクトの動きは大変注目を集めたようです

withnews
「初体験は18の夏がいい」 参院選、意表を突く投票呼びかけポスター
http://withnews.jp/article/f0160705000qq000000000000000W00o10101qq000013647A?utm_content=bufferb001b&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer


わかやま新報
10代の投票率を日本一に 和歌山リア10PJ
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2016/06/20160628_61437.html


毎日新聞
「みかんに続け」和歌山で10代投票率日本一作戦
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160707/k00/00e/010/262000c


10代にとても注目が集まった選挙になりました


産経新聞
18歳の思い(上) ご当地アイドルメンバー 戸惑い抱えながらも「しっかり選ぶ」
http://www.sankei.com/west/news/160701/wst1607010018-n1.html


18歳の思い(中) 「若者の意見に耳傾け、日本のことを考えて」大学1年 西岡七彩さん
http://www.sankei.com/west/news/160701/wst1607010020-n1.html


18歳の思い(下)「この町が大好き。だから選挙に行く」 由良町役場職員、新田天馬さん(19)
http://www.sankei.com/west/news/160702/wst1607020024-n1.html


毎日新聞
「政治、身近に」 海南の18歳、期日前投票立会人に /和歌山
http://mainichi.jp/articles/20160627/ddl/k30/010/276000c


毎日新聞
2016参院選:「せんきょ食堂」議論深め 若者が社会問題考える 和歌山大 /和歌山
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20160703%2Fddl%2Fk30%2F010%2F235000c


毎日新聞
私たちの課題:@16参院選・和歌山/2 地域医療 医師偏在、格差10倍超 /和歌山
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20160702%2Fddl%2Fk30%2F010%2F447000c



また地域でも選挙への取り組みが行われました

和歌山経済新聞
和歌山の欧風カレー店が「選挙割」 期日前投票呼び掛け、海南のカフェも賛同
http://wakayama.keizai.biz/headline/660/




さて選挙結果ですが

県政ニュース
【第24回参議院議員通常選挙】選挙区開票結果(確定)(各種委員会事務局  選挙管理委員会)
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=23491



テレビ和歌山
18歳と19歳の投票率は39%
http://www.tv-wakayama.co.jp/news/detail.php?id=39527



初めての投票ということもあるが決して高くない投票率の背景の一つには

産経新聞
和歌山、県外大学進学27年連続「全国一」に
http://www.sankei.com/region/news/150409/rgn1504090060-n1.html


というようにどうしても県外に住む10代が多く居る中では

和歌山市
滞在先での不在者投票
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kurashi/senkyo/1008385/1008466.html


こういった情報の周知が必要になってくるのかなと


朝日新聞
和歌山)県内の18・19歳、投票率39.04%
http://www.asahi.com/articles/ASJ7D51DNJ7DPXLB00M.html?iref=twitter


毎日新聞
2016参院選:10代の投票率39.04% 全体を16.25ポイント下回る 抽出調査 /和歌山
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Farticles%2F20160712%2Fddl%2Fk30%2F010%2F407000c


日刊ゲンダイ
参院選投票率 長野「1位」で徳島・高知「最下位」のナゼ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185524


東京新聞
18歳投票率、19歳より11ポイント上 高校での「主権者教育」に効果
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201607/CK2016071302000122.html


産経新聞
投票、大人が行動で示そう
http://www.sankei.com/west/news/160713/wst1607130025-n1.html


読売新聞
18歳51%・19歳は39%…低かった投票率
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news/20160711-OYT1T50218.html?from=tw



和歌山県知事は

産経新聞
「参院選、与野党引き分けではないか」 和歌山県知事会見で
http://www.sankei.com/west/news/160713/wst1607130047-n1.html





また当日書いていただいたアンケート結果です

1、お住まいの地域
岩出市 26 紀の川市 22 和歌山市 30 橋本市 9 かつらぎ町 3 御坊市 3 田辺市 2 有田川町 1 湯浅町 1 大阪府 1

2、性別
男性 51 女性 43

3、年齢
17歳以下 19 18~19 1 20~24 2 25~29 0 30~34 2 35~39 10 40~44 7 45~49 8 50~54 7 55~59 14 60~64 9 65~69 9 70~ 5

4、職業
高校生 17 学生 4 会社員 14 公務員 15 自営業 9 主婦 11 無職 8 その他 10

5、この企画をどうやって知りましたか
新聞 19 テレビ 1 ラジオ 1 チラシ 5 知人 49 SNS 8 その他 18

6、以前に行われた公開討論会に参加したことはありますか
はい 30 初めて 76

7、今回の討論会について
良かった 61 普通 18 やや期待外れ 5 期待外れ 0

以上の結果となっています

また叱咤激励を含め沢山の感想やご意見をいただきました。
全てに目を通しスタッフでも共有し、今後の討論会につなげたいと考えています
ありがとうございました









  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 13:08Comments(0)公開討論会・合同個人演説会

2016年09月01日

御坊市長選公開討論会

2016年5月13日(金曜日)
NPO法人わかやま市民自治ネットワーク・御坊青年会議所共催で
御坊市民文化会館にて開催しました
約700名の来場者にお越しいただき感謝申し上げます。




47NEWS
http://www.47news.jp/localnews/wakayama/2016/05/post_20160514174557.html

毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160514/ddl/k30/010/411000c

紀伊民放
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=314489&p=more

紀州新聞
http://blog.goo.ne.jp/ks-press/e/efa1bcf34dfc543b228ea706b3753dc0

日高新報
http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2016/05/post-5576.html



  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 09:13Comments(0)公開討論会・合同個人演説会

2012年12月02日

衆議院和歌山1区 公開討論会

 さる12月1日に和歌山市民自治ネットワーク主催で、衆議院和歌山1区の立候補予定者による公開討論会を実施しました。250人以上の方々にお越しいただき、感謝申し上げます。





  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 14:54Comments(1)公開討論会・合同個人演説会

2012年02月07日

リンカーン・フォーラム関西設置および理事就任について

 今年1月1日付で、わかやま市民自治ネットワーク内にリンカーン・フォーラム関西の事務局を設置し、理事長橋本雅史が、リンカーン・フォーラム関西の代表、ならびにリンカーン・フォーラムの近畿地区担当理事に就任いたしました。

 リンカーン・フォーラムは、選挙時の公開討論会のスタイルを日本で最初に提唱したNGOで、1996年に前進である地球市民会議の公開討論会の支援プログラムとしてスタートし、2000年11月に独立をはたし、これまで全国各地で開かれた2000以上の公開討論会・合同個人演説会の支援・協力をおこなってきました。
 今回、リンカーン・フォーラムの組織改変にともない、リンカーン・フォーラムの近畿地区の担当として、わかやま市民自治ネットワークを担い、その窓口として、今回チンカーン・フォーラム関西の設置にいたりました。

 今後とも、わかやま市民自治ネットワークともども、皆様方からご理解ご協力たまわりますよう、よろしくお願いします。  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 23:01Comments(0)お知らせ

2011年03月31日

県議選にむけて

特定非営利活動法人わかやま市民自治ネットワークでは、4月に行われる和歌山県議会議員選挙(和歌山市選挙区)から立候補予定17名に対して、インタビューを依頼したところ9名から回答を頂き、公開するにいたりました。
なお、このインタビューの収録は過日の東日本大震災の前に行われたものですので、ご了承ください。 

 今回インタビューに応じてくれたのは

○藤井健太郎氏



○藤本眞利子氏



○長坂 隆司氏



○中 拓哉氏



○奥村 規子氏



○多田 純一氏



○高嶋 洋子氏



○角田 秀樹氏




○山下 大輔氏



(順不同) 以上の方々です。
   

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 00:21Comments(0)お知らせ

2010年11月30日

”模擬”和歌山県知事選挙について

 11月28日に投開票が行われた和歌山県知事選挙にあわせ、わかやま市民自治ネットワークは投票日前日の27日にJR和歌山駅頭で未成年模擬選挙を実施しました。

 当団体が始めて模擬選挙を行ったのは4年前の知事選からで、前回参加した高校生は今回は有権者となり、そのことを思い出してもらいたいと思い、1回ではあったものの行いました。

 その様子はこちら




 そして模擬選挙の開票結果はこちらになります。

 (有効票数160票)
 仁坂  吉伸 103票(64.375%)
 藤本真理子 39票(24.375%)
 洞   佳和  18票(11.250%)

 ちなみに、本当の選挙結果は
 仁坂  吉伸 259,200票(72.056%)
 藤本真理子 76,051票(21.142%)
 洞   佳和  24,467票( 6.082%)

 となりました。
 また、この模擬選挙にあわせて
  続きを読む

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 11:55Comments(1)未成年模擬選挙

2010年06月14日

参議院選挙 公開討論会の様子

 6月11日
 県民文化会館小ホールにおきまして、参議院選挙の立候補予定者による公開討論会がありました。
 今回は、社団法人日本青年会議所近畿地区和歌山ブロック協議会が主催し、NPO法人リンカーン・フォーラムの後援をいただきました。
 当日こられた聴衆の方は、約200名前後で、そのうち報道関係者が15名程度でした。
 
 当日は多くのメディアでこの講演会の様子を取り上げていただき、多方面からお声をいただいております。
 当日のコーディネーターを勤めていただいた、三重大学の児玉教授をはじめ、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。また、当日こられた皆様、また当日はこられなかったものの記事などで関心をもたれた皆様におかれましても、御礼申しあげます。
 参院選が7月11日投開票がほぼ確定と言われています。自治ネットでは、投票日までの間にもこの選挙を盛り上げるための企画を計画しております。今後とも、自治ネットにご期待いただきますよう、よろしくお願いします。
   

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 11:57Comments(0)公開討論会・合同個人演説会

2010年06月06日

参議院選挙 公開討論会開催のお知らせ

 既にマスコミでご存知かと思いますが、ここで改めてご報告いたします。


 第22回参議院議員選挙 公開討論会

 ・開催日時 平成22年6月11日(金曜) 午後7:30~9:30
 
 ・開催場所 和歌山県民文化会館 小ホール
 (和歌山市小松原通り一丁目1番地)

 ・お問い合わせは御坊青年会議所内(0738・22・5434)

   

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 00:00Comments(0)公開討論会・合同個人演説会

2010年03月05日

橋本市・白浜町での公開討論会について

 遅くなりましたが、わかやま市民自治ネットワークは、先日行われた橋本市長選挙と白浜町町長選挙の公開討論会に役員が参加してきました。
 橋本市では、理事長 橋本雅史がコーディネーターとして運営し、白浜町では後援をいたしました。
 
 ちなみに、橋本市長選挙は3月14日、白浜町は3月7日投開票です。それぞれの有権者のみなさん、ぜひ投票に行きましょう。  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 02:14Comments(0)お知らせ

2010年02月10日

一部役員変更のお知らせ

 2月5日に一部役員の辞任に伴う役員変更があり、本日関係機関にその届出を行いましたことを、ここにお伝えいたします。  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 13:00Comments(0)お知らせ

2010年01月07日

新年のご挨拶

 遅くなりましたが
 
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年中は総選挙・新宮市長選挙などで公開討論会・未成年模擬選挙を開催し、またこのブログ開設などなにかと忙しかった年でした。

 本年は和歌山市長選・参院選・県知事選というおおきな選挙が重なる年であり、より一層みなさまのご協力を賜りながら、活動していく所存でございます。

 なにとぞよろしくお願いします。  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 17:47Comments(0)お知らせ

2009年11月26日

シチズンシップ「市民性」教育のシンポジウムについて

 2008年9月14日 和歌山市の県民文化会館において、わかやま市民自治ネットワーク主催でシンポジウム『シチズンシップ教育について語り合う~未成年者の意見を社会へ~』を開催しました。

 基調講演

 山口裕市県教育長を招いての基調講演を行いました。そのなかで、和歌山県として、「市民性」を高めないと企業誘致にも支障をきたすということで知事からの発案で教育委員会が取り組むようになったことや、粉河高校の校長時代に取り組んだ、学校と生徒と保護者が対等の関係によって学校運営していく「三者協議会」や学校と地域の地域教育コミュニティー「KOKO塾」の経験から、コミュニティーから地域へのコミュニケーションが生まれ、学校や地域に所属意識や連帯感を持てるようになると講演されました。
 また、「市民性教育」というコンテンツに、環境や人権などを加味させ、子供たちに対して責任を持たせ、公共政策に積極的に関わる人を「良き市民」としてとらえ、「良き市民」として育っていくことが将来、リーダーとなって地域に貢献していく人材である、と講演されました。
また、人間としての尊重が誇りになり、その誇りが責任となって自立していくように子たちたちと接していくように学校の先生方にお願いしました。

(山口教育長による基調講演の様子)
 
 パネルディスカッション
基調講演に引き続いて、足立基浩和歌山大学准教授の司会進行のもと、パネルディスカッションをおこないました。パネリストは  続きを読む

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 03:46Comments(0)実施報告

2009年11月13日

衆議院議員選挙 和歌山2区公開討論会 2009

 岩出市の岩出市総合保健福祉センター(あいあいセンター)にて、和歌山2区の立候補予定者による公開討論会を開催いたしました。
 衆議院議員総選挙ということで当然ながら全選挙区が同じスケジュールで選挙日程に入る中で我々自治ネットは1区とともに2区での開催も目指しました。1区と同じく日本青年会議所の呼びかけに助けられ和歌山2区にあたる社団法人伊都青年会議所、社団法人海南青年会議所、社団法人那賀青年会議所の協力のもと全立候補予定者に参加頂いての開催を実現することが出来ました。
 会場も予定していた椅子が足らなくなり、立ち見が出るほどの参加者に恵まれ、最終的には200人の参加者が来られ、急遽椅子を設置したほどでした。
 1区と同じくコーディネーターをお願いした足立基浩准教授の見事な進行もあり、政策の違いがよく解る素晴らしい会となったと思っております。
 全ての立候補予定者が揃うとやはり白熱した討論にも自然となりますし、またいっぱいの会場からの熱気にも今回の総選挙の注目度が伺い知れるものでした。そしてまたこの熱意は立候補予定者にも確実に伝わるものだと思います。また当然ながら開催する我々にもこの熱意はひしひしと伝わってくるものです。タイトなスケジュールの中での出演依頼やスケジュール調整のお願いには各陣営の皆さまにもお骨折りをいただき苦労を強いることもあったかと思います。しかし熱い市民の熱意をいただいてお願いにあがり、我々を通して立候補予定者はじめ各陣営の皆さまにもその想いを伝えることで熱意も伝播するのだと感じました。
 2区に関しましては、過去公開討論会を行ったという開催実績も1区の選挙区である和歌山市に比べると格段に少ないにも関わらず、数少ない過去の開催はインパクトというか、記憶に残りやすいものと作用したのか、市民の皆さんが参加、不参加問わずご存じであり、選挙自体が少なかったり、また、投票率が少なかったりするのですが関心度という点では決して低いものではないのかなと感じます。
 我々は、公開討論会や未成年者模擬投票などを通じて投票率のアップということも常に意識を向けてまいりました。公開討論会の企画に関しては回を重ねるごとにいろんなアプローチで出来るようになってきたと思います。今後は選挙管理委員会をはじめとする行政などとも投票率のアップなど志を同じくする部分は多いと思いますので連携し、また共同で取り組んでいければと思います。
 開催を実現させていただくにあたって関係各位には多大な協力をいただきましたことを御礼申し上げるとともに感謝しております。
 公開討論会はしかし、未来をつくる政治選択の最初の一助にすぎません。選挙が終わると同時に未来への一歩が歩まれます。歩む方向は我々市民が選んだ方向です。政治家を見失う市民ではいけませんのでしっかりと見続けて行くことが市民にとっても大事なことだと思います。

  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 15:15Comments(0)公開討論会・合同個人演説会

2009年11月13日

衆議院議員選挙 和歌山1区公開討論会 2009

 2009年8月7日(金)に、 和歌山市の和歌山県勤労福祉会館(プラザホープ)にて、和歌山1区の立候補予定者による公開討論会を開催いたしました。
 何時になく、非常に世間の関心も高いものとなった今回の総選挙。その中でも我が県の県庁所在地たる1区の公開討論会開催に向け、我々自治ネットとともに、和歌山1区と活動範囲を同じくする社団法人和歌山青年会議所(以下:和歌山JC)が協力して開催に向けて努力をしてまいりました。
 全国組織の社団法人日本青年会議所も今回の選挙では全国的に公開討論会の開催を掲げられており、自治ネットとしても強力なパートナーを得て公開討論会開催に向け動き出しました。
 誠心誠意、各立候補予定者の方にはスケジュール調整及び出演交渉をぎりぎりまで粘り強く行いましたが、残念ながら全ての立候補予定者が壇上に揃う結果を導けなかったことは残念極まる思いとともに、反省し、申し訳なく思うしだいであります。
 衆議院は解散を常に含むので、公開討論会開催は常にタイトなスケジュールとの戦いでもあります。今回は選挙期間までが長かったとはいえ、やはりこのスケジュールに悩むこととなったのも事実です。タイトなスケジュールでの開催告知の弱さも我々は常に抱えており、今回は和歌山JCさんとの共催ということで何時にも増しての開催告知を重点的に行いましたが、全ての立候補予定者が揃えられなかったこともあって、当日は100人の来場者が来られたものの会場を満員に埋めるに至らなかった点に関しましても大いに反省するところです。
  しかしながら、参加していただいた各立候補予定者の皆さまからは励ましや開催への感謝の言葉をいただき、また、参加者の皆さまからは一同に会し、生で、政策やその人柄も含めて選択の一助となる機会へのお褒めの言葉を、やはり欠席者が居たことへのお叱りとともに頂きましたことは我々としても反省だけでなく励みになるものでした。
 足立基浩和歌山大学准教授の素晴らしい進行もあり、解りやすく、また回を重ねるごとにただただ質問事項に一問一答的に回答をいただくのではなく、文字通りの討論や意見の掛け合いが見られる運営が出来るようになってきたと思っております。
 今回の公開討論会は選挙自体の注目度が非常に高く、また日本JCさんの全国的な呼びかけもあり、各メディアで各地の公開討論会が取り上げられる機会も何時になく多かったように感じます。
 今後も我々はこういった機会を公開討論会に限らず告示後の合同個人演説会の開催、また選挙後も注目し関心を持ち続ける市民として場の提供という一助となれればという思いとともに、是非とも他団体や市民の皆様と共に国や街を作り上げることが出来ればと思います。
 最後になりましたが快く参加を承諾していただいた各立候補予定者の皆さま、足立基浩コーディネーター、共催をしていただきました和歌山JCさん。またお忙しい中ご参加くださった市民の皆さまへ感謝を申し上げます。

  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 15:10Comments(0)公開討論会・合同個人演説会

2009年11月08日

和歌山市長選 公開討論会2006

 2006年7月15日(土)に、ビック愛 大ホールにて、和歌山市長選の立候補予定者による公開討論会を実施し、350人の来場者がこられました。

 出演 宇治田栄蔵氏
大橋建一氏
永長敏昭氏
山路由紀氏
山下大輔氏
(50音順)



 なお、この模様はテレビ和歌山・和歌山放送ラジオで後日放送されました。
 また、下記の報道機関・団体より後援をいただきました。

株式会社和歌山新報社
ニュース和歌山株式会社
株式会社和歌山リビング新聞社
株式会社和歌山放送
株式会社テレビ和歌山
リンカーンフォーラム
NPO法人ライツ
(順不同)  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 07:15公開討論会・合同個人演説会

2009年11月02日

NPO法人格取得記念フォーラムについて

 2006年2月20日、和歌山県内で公開討論会を推進している「わかやま市民自治ネットワーク」(橋本雅史理事長)がNPO法人として認証された。
 リンカーン・フォーラムの地域支援組織がNPO法人認証を取得したのは、NPO法人リンカーンフォーラム北海道(特非)日本政策フロンティアに続き、3件目。

また、これを記念して、以下のフォーラムを行いました。

◎              ◎             ◎             ◎

<わかやま市民自治ネットワーク NPO法人認証記念フォーラム>
 ●日時 3月12日(日)午後3時半~5時半
 ●会場 和歌山市あいあいセンター
 ●テーマ「市民と選挙ー選挙制度の課題と期待ー」

 ●出演 公明党和歌山県本部(代表 西 博義 氏)
       社会民主党和歌山県連合(代表 野見山 海 氏)
       自由民主党和歌山県支部連合会(会長 世耕 弘成 氏)
       日本共産党和歌山県委員会(下角 力 氏)
       民主党和歌山県総支部連合会(代表 岸本 周平 氏)
 ●コーディネーター:足立基浩氏(和歌山大学経済学部助教授:わかやま市民自治ネットワーク理事)

 (肩書きは当時)

 当日は雨天だったものの、参加者は50人ほどこられた。  

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 17:09Comments(0)実施報告

2009年11月02日

”模擬”新宮市長選挙2009について

 10月25日投開票された新宮市長選挙にあわせ、自治ネットでは前日の24日に現地に赴き、”模擬”新宮市長選挙を実施した。

↑新宮駅頭の”模擬”投票所

↑実際投票した生徒に対しての”出口調査”
 今回の目的は、過去3回の選挙で模擬選挙を実施したが(06年知事選、07年参院選、09年衆院選)実施場所がすべて和歌山市のみであったため、県全体に模擬選挙を広めるためとともに、今後の展開に必要なデータ収集のためである。また、今回の市長選は総選挙後初となる本格選挙。保守王国と言われた和歌山において、先の総選挙で民主2勝し、その後の民主党政権で未成年にとって意識がどうなのかを知るためでもある。

 そして結果は
   続きを読む

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 15:15Comments(0)未成年模擬選挙

2009年11月02日

成人年齢引き下げに関するアンケートについて

 今回の未成年”模擬”衆議院選挙2009では、自治ネット独自の取り組みとして、JR和歌山駅頭およびきのくに子どもNPOで参加してもらった未来の有権者全員に成人年齢引き下げに関するアンケートを行った。
 これまで報道各社が行ってきた世論調査の対象は、対象者が20歳以上に対して行われてきたものがほとんどであり、直接未成年者に対しての世論調査はあまりなかった。本来の直接の対象者であるにもかかわらず、なぜ世論調査がないのか。この問題に対して、自治ネット独自でアンケートを行った。

 質問文は
 『成人年齢引き下げの議論が最近行われるようになりましたが、あなたの意見をお聞かせください。』
 で、これに対する回答の選択肢は

 「成人年齢引き下げに賛成」

 「選挙権など一部の引き下げに賛成」

 「現状維持」

  の3択。そして、それぞれ理由も尋ねた。
  299人に質問し、その結果は  続きを読む

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 11:00Comments(0)未成年模擬選挙

2009年11月02日

”模擬”衆議院議員選挙2009について(2)

 今回の模擬選挙でも投票理由を尋ねたが、模擬選挙の感想の代わりに今回は選挙権年齢引き下げに関するアンケートを行った。
 
 投票理由から見ると、  続きを読む

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 02:00Comments(0)未成年模擬選挙

2009年11月02日

”模擬”衆議院議員選挙2009について(1)

 2009年8月30日投開票の衆議院議員選挙が行われたのですが、それにあわせての未成年”模擬”衆議院議員選挙2009を実施しました。


 
 これまでと違う点は、写真をみてもらえば分かりますか。これまではダンボールに銀色の紙を貼り付けた投票箱っぽいものを使っていたが、このときから本物の投票箱を使うようになりました。この投票箱は、実際に京都府のある町が使っていたもので、Yahooオークションで出品されたを落札しました。4箱合計2万強の金額で入札し、落札したものです。
 さらに、JR和歌山駅頭だけでなく、NPO法人きのくに子どもNPOに協力を呼びかけましたし、また模擬選挙を知らせるポスターを各地に掲示しました。

 そして結果は
   続きを読む

Posted by NPO法人わかやま市民自治ネットワーク at 01:00Comments(0)未成年模擬選挙